読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになるために筆を執る

みなさまお元気でしょうか。

しばらくぶりでございます。

3月は別れと出会いの季節、ということで、人間関係が変わったり立場が変わったりして仕事のことでお悩みを抱える人も多いのでは。実は私もそのうちのひとり。

今の仕事を続けていいのか、その先に何をするのか、ということは人生の節目節目で降りかかってきますよね。

私のまわりでも人生の転機と言えるような出来事が起こった人が何人かいていろんな話を聞かせてもらうのですが、自分が幸せでいるために決断をした人はやはり行動も早いです。

 

ここ数年月のリズムでお願い事をするというのを続けているのですが、お願いの最終目的である「自分の幸せ」ってなんだ??ということが意外と分からないんですよね、最初は。

あ、そもそもの話をしますが、私たちは生まれてきて何のために生きるのか、ということの答えをとてもわかりやすく提示してくれた人がいます。

この人。

世界で最も貧乏な大統領の世界一素晴らしいスピーチ - YouTube

ウルグアイのムヒカ大統領です。

私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

「お金が稼げるようになりたい」

「贅沢な暮らしがしたい」

それは、実は目的ではありません。

 

お金を稼いで贅沢な暮らしをすることの先にあるのは、「豊かさによって幸せになりたい」という願いがあるのではないでしょうか?

 

自分から近いの願いが「お金」であっても、遠くの「幸せ」という願いを明確にし、自らに引き寄せ近づけることで今まで考えていたお金の価値というのが変わってくることがあります。

 

 

お金が万能だと思っていた人は、受け取るお金にも色んな質があることに、気付くかもしれません。

 

贅沢が万能だと思っていた人は、お金の使い方に目を向けるようになるかもしれません。

 

自分が活躍できる職場で働きたいと思う人は、人に認められたいという自分の欲望に気づくかもしれません。

 

 

そうやって、自分の本当に望むものを明確にしていくことで、願い自体もどんどん深く、心の底から求めるものにだんだん近づいていきます。

 

いつもとちょっとテイストの違う記事になっていますが、この時期だからこそ、皆さんにお伝えできる知恵があるのではないかと思ってこれを書いています。

 

この数年、自分の望みが何なのかに向き合い続ける中で、「書くこと」の効果に驚いています。「書くこと」にはそれを現実にする力があると感じています。

なので、もしこの時期に迷っている人がいたらぜひ、自分の望みを書き出してほしいのです。

 

f:id:Okapong:20170329183336j:image

 

まずはなにも考えず、望んでいることを○○したい、○○になりたい、○○でいたい、という形で書き出してください。

とにかくたくさん。

 

すると、同じ傾向のものがいくつか出てくることがあります。

 

それをグループ化します。

 

そのグループに名前を付けます。

 

 

すると、「今の自分の望み」のダイジェスト版が出来上がります。

この、名前を付けること、というのがとても大事なので、必ずやってくださいね。

 

 

この先、更に望みを細分化して、より具体的にしていくのですが、それについてはまた後日書こうと思います。

まずは望みを書き出すことをやってみてください。これだけでも自分の心の中が少し見えてくるはずです。